C型肝炎ウイルス(HCV)の感染経路と治療法

A型やB型の肝炎ウイルスが検出されない肝炎の患者から遺伝子の断片が分離されたことをきっかけとして、1989年に発見されたC型肝炎ウイルス(HCV)。このHCVの存在によりそれまで「正体不明」とされていた非A非B型肝炎ウイルスの背反がHCVであることが判明したのです。

ウイルスマーカー検査

HCVの感染は主に血液を介してですが、感染力がそれほど強くないため。セックスで感染したり、母子感染のリスクはほとんどありません。一昔前は、HCVで汚染された血液による輸血が一大感染ルートとなっていましたが、1990年代に輸血の検査体制の強化、ディスポーサブル(使い捨て)の医療器具の普及もあり、輸血によるHCV感染は激減しています。今日、感染リスクが懸念されているのは医療従事者の針刺し事故、タトゥー、薬物などの注射器の使いまわしです。

HCVの感染初期は自覚症状が現れないこともありますが、しばらくすると全身の倦怠感、食欲不振、発熱、吐き気、横断などの症状が出現し、血液検査ではAST・ALT(GOT・GPT)やビリルビンの数値上昇などが見られます。

これらの症状が強いほど、免疫の反応も強くなるためHCVは排除されますが、持続感染する人も約70%もいます。自覚症状に乏しいため、早期発見・治療の機会を逃してしまい、慢性化しやすいのがC型肝炎の厄介なところです。なおA型肝炎やB型肝炎のように劇症肝炎を起こすリスクはほとんどありません。

慢性肝炎は5〜10年以上経過すると、約60%が肝硬変と進行し、その後、肝硬変が肝臓がんに進行するリスクは毎年7%程度あります。C型肝炎治療薬は、従来、インターフェロン(IFN)の投与が行われていましたが、2004年からペグインターフェロンとリバビリンの併用療法が保険適用となりました。

C型肝炎に対するIFN療法は、ウイルスの排除を目的とした根治療法と、ウイルスの増殖を抑制することで肝機能障害の進行を阻止する目的で実施されます。2015年、IFN療法を必要としない飲み薬「ソバルディ」と「ハーボニー」が保険適用となり、高い確率でHCVを排除できるようになりました。